ホーム > ブログ
ブログ

2018年3月12日月曜日

「お彼岸」広島おはぎブログvol.213

こんにちは!!

広島おはぎの行森商店です。

お彼岸が近づいてきております。

お彼岸とは??

昼と夜の長さが同じになる「春分の日」と
「秋分の日」を中日前後3日間の計7日間を「彼岸」と呼びます。

 「彼岸」とは向こう岸を意味する言葉で、
迷いの多い此岸(この世)に対して、仏の理想の世界である向こう岸、
つまりは悟りの世界や浄土のことを言うようです。

日本では、その浄土に渡るために、善事を行い、
先祖に思いを馳せ、供養を行う期間を「彼岸」と言うようになったとのことです。

ではなぜおはぎを??

古来「赤色」には「魔除け」の力があるといわれており、
小豆は祝の席や儀式の際にはお赤飯や砂糖をまぜて
あんこにして捧げられてきたことが始まりとのことです。

お彼岸には行森商店のおはぎを
よろしくお願い致します。